更年期に近づく女性の悩みの一つとして薄毛があります。

基本的に女性の薄毛は女性ホルモンの分泌が低下し、男性ホルモンが優位になっていく過程で引き起こされます。

そのため閉経を迎える頃に起こりやすいです。

しかし生活習慣の乱れなどから、ホルモンバランスが乱れると、若い女性でも薄毛になることがあります。

薄毛の悩みを抱いた時、様々な対策がありますが、最も効果的なのが専門病院で薄毛治療を受けることです。

しかし、ここで気になるのが薄毛治療にかかる費用でしょう。

女性の薄毛治療にかかる費用

一般的に薄毛治療は保険が適用されない自由診療となります。

治療を受ける病院や治療内容によっても、料金は変わってきます。

そのため相場というのが難しいのですが、目安としては、

初診の場合、初診料に3,000円~5,000円程度、検査費用などに5,000円~10,000円程度となっています。

それ以降にかかる費用は、内服薬や外用薬といった投薬治療の場合、月に10,000円~30,000円程度。

発毛メソセラピーなど、特殊な治療を受ける場合、15,000円から50,000円程度と考えておけばよいです。

ただし、薄毛の原因が他の病気の影響によるものだった場合は、保険診療が可能なこともあります。

ですからまずは無料カウンセリングなどで相談をしてみるとよいでしょう。

女性の薄毛治療にかかる期間

また費用の他にも、どのくらいで薄毛治療の効果が出てくるのかも気になるはずです。

薄毛治療の効果は、治療前の頭髪や頭皮の状態、薄毛の進行具合、使用する薬などによって若干の個人差があります。

そのため明確にはいえませんが、一般的な目安としては、内服薬や外用薬での治療で半年~1年程度となっています。

ただ薄毛治療は効果を実感できたらそれで終わりというものではありません。

ある程度、継続して行っていくものですので、1年から1年半は通院が必要と考えておくとよいでしょう。

 

女性の薄毛の悩みは男性と比べると、それまでメジャーではありませんが、悩みは深刻なものです。

一人で悩む前に、専門病院で相談をするようにしましょう。