女性の抜け毛を病院で治療するさい「健康保険」は使えますか?

女性の抜け毛を病院で治療するさい「健康保険」は使えますか?

女性の薄毛治療に健康保険

女性の抜け毛を病院で治療するさい「健康保険」は使えますか?

女性の抜け毛は病院で治療することが出来ます。

ただし、こうした頭皮に関する治療は、一般的な医療の分野における治療行為とは見なされない場合が多いです。

そのため健康保険の適用を受けることが出来ず、基本的には全額自費となります。

例外的に保険が適用されるケース

例外として保険の適用を受けることが出来るのは、その抜け毛症状が「何らかの病気によって発症した二次的な被害」であると証明できた場合です。

例えば、癌を発症して抗癌物質を投与することによって、髪の毛が抜けてしまった。

このような時には、それに関して保険の適用があるケースがあります。

普通の抜け毛程度では治療の一環として保険の適用はないので、自己負担でお金を出すことを考えておきましょう。

そもそも治療は必要ですか?

そもそも、女性の薄毛の症状は、生活改善を行うことで治すことができることが多いです。

女性の薄毛の原因は、男性のような男性型脱毛症とは根本的に違っており、生まれた時の体質によって髪の毛が脱毛していくことなどは滅多にありません。

実際に、男性型脱毛症(AGA)で利用される専用の治療薬(プロペシア)は、女性に対して使用することはできないようになっています。

これは、女性の脱毛症は別の原因によって発症している何よりの証拠です。

実際に生活環境が悪化したことによって、脱毛症が発生する確率はかなり高いのです。

カラー・パーマはほどほどに

女性の頭皮環境を悪くする原因の1つに、カラーやパーマのやり過ぎといったものがあります。

度重なるカラー・パーマによって、頭皮そのものが傷んでしまうケースです。

こうしたことで頭皮が傷んだ場合には、きちんとケアをしなくてはいけません。

実際に、カラーやパーマの際に利用される液体は、髪の毛を発毛するための毛母細胞を破壊してしまうほどの強力な威力を持っています。

市販で販売されているものを使用し続けると、比較的若い年代の女の人であっても髪の毛の環境は悪化します。